伊豆・浄蓮の滝:山葵畑と美しい情景

伊豆は昔から有名な観光地です。観光スポットが多く、毎年多くの観光客で賑わいます。伊豆の旅行で寄る人が多い観光スポットといえば、伊豆市湯ヶ島にある浄蓮の滝です。迫力のある流れとエメラルドグリーンの美しい滝壺は、伊豆でも随一と称えられます。日本の滝100選にも選ばれ、多くの露光客を魅了しています。滝の下流を歩いてみると、湧き水を利用した山葵が確認できます。

浄蓮の滝は歴史が古く、天城山の寄生火山が噴火して流れ出た溶岩が作り出しています。滝付近の標高は300mほどですが、水は冷たく真夏でも15度から16度程度です。天城山の自然の恵みは、高品質の水を生み出します。きれいな水でないと良い山葵はできないため、滝周辺の山葵は人気があります。

山葵は伊豆の特産品の中でも歴史が古く、高級寿司など様々な料理に使われています。観光客が多い天城峠は気軽に寄ることができる休憩所が多いですが、道の駅天城越えは人気が高い休憩処のひとつです。

山葵入りのソフトクリームを食べに寄る人も多いです。注文を受けてから、すりおろした山葵をトッピングしてくれます。山葵が好きな人は、ダブルの量で頼むことができます。バニラの甘さと山葵の辛さが見事に融合したメニューです。山葵入りのソフトクリームは、浄蓮の滝観光センターの名物でもあります。エリア内で最初に山葵入りのソフトクリームを発売したのが、浄蓮の滝観光センターです。発売してから20年以上経ちますが、変わらぬ美味しさを保っています。ソフトクリームだけでなく、わさび丼も人気があります。老舗の名店は混んでいますが、待ってでも食べる観光客が多いです。わさび丼と蕎麦のセットは男女を問わず高い評価を受けています。注文すると山葵が先に届くので、蕎麦や丼ができるまでに山葵のすりおろしを用意しておきます。ご飯と蕎麦ができたら、新鮮な山葵をのせて食べます。

滝を訪れるとマイナスイオン効果が期待でき、気分がリフレッシュします。リフレッシュしながら自然の中を歩き、お腹が空いたら美味しい山葵丼やソフトクリームを食べるのが定番です。旅行者によって旅の楽しみ方は異なりますが、初心者の場合は多くの人が感動した観光スポットやグルメを体験すると同じ気持ちを味わうことができます。

最近はSNSのおかげで、美味しいものを食べたらすぐに多くの人とシェアできるので便利です。写真入りでシェアできるので、自然でもグルメでも雰囲気がリアルに伝わります。伊豆や近隣の下田で観光後にぜひスマホで一息ついてみるのもいいですね!