下田蓮台寺温泉 清流荘

静岡県下田市にある下田蓮台寺温泉「清流荘」は、下田市街から3キロほど離れた場所にある高級温泉旅館です。清流と樹林に囲まれた数寄屋造りと庭園が美しい老舗の純和風旅館で、約6000坪の広大な敷地と重厚な雰囲気が特徴です。清流荘の宿泊施設としての基本概要は、異なる趣の4つの宿泊棟に全和室の26室があり、1泊2食が基本でチェックインは14時、チェックアウトは11時です。最寄駅は蓮台寺駅で車で3分、徒歩8分となっていますが、事前に予約することで蓮台寺駅までの送迎サービスにも対応しています。敷地内に3本の自家源泉を持つ温泉の泉質は弱アルカリ性単純泉で、神経痛・筋肉痛・うちみ・膿性消化器病などに効能があります。

毎分506リットルと豊富な自然の恵みは大浴場はもちろんのこと客室風呂や屋外のプールにも掛け流しで注がれており、無料で利用できる貸切風呂も用意されています。清流荘は80年以上の歴史を持っており、国内外の著名人に愛されてきました。1979年にはアメリカ合衆国のカーター元大統領がサミットで来日した際に昼食を摂りに一家で立ち寄ったことでも知られており、1000坪の前庭には宿のシンボルの石灯篭とともに、カーター元大統領の来館を記念してホワイトハウスから送られた礼状の写しを石に刻んだオーナメントが飾られています。

館内に一歩足を踏み入れると凛とした空気が漂い、老舗旅館の格式と気品を感じられます。エントランスを含めた館内は天然木がふんだんに使用されており、ラウンジやロビーもゆったりとした雰囲気で、大きな窓が自然光を多く取り入れ温かみのある空間が演出されています。また、清流荘には天然温泉プールの他に古代ローマ式サウナやフィンランド式薪サウナが楽しめるガーデンスパもあり、伝統的な日本の温泉と共にヨーロピアンスタイルの入浴も楽しむことができます。

 客室の広縁にはゆったりとしたソファーがあり、窓からは美しい庭園を一望できるので時間を忘れてのんびりするのに最適です。アメニティも小分けにされて巾着に入れられているので、使いやすく持ち運びが楽なので大浴場に行くときにも便利です。夕食時には庭園がライトアップされるなど幻想的な雰囲気で、下田の海で獲れた新鮮な海の幸を存分に堪能できるメニューが並んでいます。朝食にも下田の海の幸がふんだんに使われており、美味しさとバランスの良さで評判です。温泉も気持ちよく食事も贅沢で美味しく、旅館としての必要な要素をしっかりと満たしてくれることが、清流荘の魅力となっています。