下田セントラルホテル

伊豆急行線を利用し終点である伊豆急下田駅を下車した場合、自動車で15分の位置に存在しているのが下田セントラルホテルであり、里山の中に立地しているという特徴から静かで落ち着いた雰囲気の中で過ごせます。

宿泊施設のエントランスの先には明るくて開放的なロビーが広がっている上に、ロビー内にはショップとラウンジも展開されているためお土産を購入したり現地の特産品に触れられます。

旅行に訪れる方が持っている様々な目的に柔軟に対応できる宿泊施設が下田セントラルホテルの基本概要となっているので、子供連れの家族が訪れた場合に子供が楽しく過ごせるボールプールなどのキッズコーナーが充実している事に加え、フロントにてトランプやオセロを貸してもらえば各部屋で家族水入らずで思い出作りができます。

もちろん、大人が宿泊する時にも魅力的な設備が充実しているのでインターネットが利用できる部屋でインターネットを閲覧したり、テニスコートや卓球場にて盛り上がる事も可能です。

下田セントラルホテルの敷地の広さは一万坪にもなりますが、部屋数は39部屋なので各部屋の広さが広くてゆっくりと過ごせるのも魅力です。

そのように、有している敷地面積の広さが広いからこそ部屋内で天然温泉が楽しめる露天風呂が備わっている客室の数も多いですし、露天風呂が付いている客室は2つのタイプから選べます。

部屋に備わっている上質な露天風呂と共に人気なのが大浴場で、大浴場は露天風呂やサウナといった基本的な設備と共に整体やエステに至るまで備わっているため、日頃の疲れを癒やしリフレッシュできます。

大浴場に用いられている湯も豊富な湯量を誇る天然温泉なのですが、泉質がアルカリ性単純泉という事もあり入浴後には肌表面が滑らかになって高い美肌の作用が得られます。

こうした大浴場の広々とした湯船や泉質、充実した設備と共に高い人気を誇っているのが入浴後に利用可能な休憩所で、16時から19時30分までは地元で有名な牛乳やコーヒー牛乳が無料で楽しめますし、マッサージチェアを使って全身の凝りを癒やす事も可能です。

そして、宿泊施設に訪れた際に部屋で過ごす一時や入浴と同じく魅力的なのが食事ですが、下田セントラルホテルでは各季節に応じて旬を迎えている食材をふんだんに使用した料理を提供しています。 伊勢海老や金目鯛など宿泊施設が伊豆下田に存在しているからこそ食べられる新鮮な魚介類や、地元で取れた野菜を使った料理に舌鼓が打てます。